複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#23 卵巣摘出 手術 怖い  というキーワード検索から思うこと

アクセス解析を見ていたら「卵巣摘出 手術 怖い」というキーワードがありました。
自分も手術前は怖くて不安だったことを思うと、本当に切ない気持ちになります。
そこで今日は、ビビリな自分がとうやって気持ちを落ち着かせたのか、改めて書いてみます。

 

私の怖さ解消法は、大まかに二つ。

まず一つ目は、同じ病気や手術をされた方々のブログです。
病名で検索し、たくさん拝見しました。これはブログを始めるにあたって最初の日記に書いた内容と同じになりますが、

 

rukka.hatenablog.com

 

様々な体験を読む中で、だんだんと大丈夫かもしれない!と思えるようになったのです。理由は至ってシンプル。まず、麻酔を含め手術が怖いという気持ちの方はたくさんいて、私だけが怯えているわけではないということ。さらに、怖くて不安だった人はたくさんいるのに、「すごく痛かった!」という記載は目にしなかったことです。

痛みについては個人差があると思います。
それでも私の場合も麻酔や痛みどめが良く効いて、手術後の痛みはほとんどありませんでした。ただし、私は腰痛持ちなので術後からしばらく寝がえりを自由に打てないことは辛かったです。けれどこれはあくまで腰痛。手術に起因するものではありません。

   

それから二つ目。
私は担当の先生や麻酔科の先生に不安に思っていることは全部話し、「怖い怖い」と訴えまくりました。

  

rukka.hatenablog.com

  

入院してからは看護師んさんにも言っていたし、手術後もお腹にささっている管や傷口を止めている金具を外すのは痛いの?なんてことも、予定している何日も前から、看護師さんが変わるたび何度も聞いてました(゚m゚*)

先生や看護師さんには迷惑なことかもしれませんが、自分の中にため込まず、不安や気持ちを口にしていると、やさしく「大丈夫!」と言ってくれる看護師さんがいたり、冗談ぽく「どうかな~??」なんて笑いながら話してくれる看護師さんがいたりして、自然と落ち着いていった気がするのです。あと、私は血管が出にくい性質で点滴や採血にとても苦労しました。その時も、痛い時は我慢せず「痛い!!」って言ってましたw そして先生や看護師さんから「頑張って!」と言われながら、乗り切りました。

   

…こうやって改めて書いてみると、子供みたいで恥ずかしいですが、泣いたり、怒ったり、叫んだりしていたわけではないので許していただける範囲かと勝手に思っております(*ノノ)

そしてなにより、ストレスをため込んで不安定な状態でいるよりは自分はもちろん先生や看護師さんも楽なのではないか? 家族の心配を少しでも減らすことにつながるのではないか? と私は思えるのです。

 

…と、こんな感じです。

これから予定されている方の手術が上手くいき、笑顔で退院できることを心から祈るばかりです。