複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#21 子宮、卵巣摘出手術のための入院 十日目(手術から九日目) 退院

*************************

 【この日の主な予定】退院

*************************

   

この日は退院予定日だったのですが、昨日から急におしっこの量が減ってしまったことで、退院できるかどうか先生の判断待ちでした。

そしてこの日の朝、入院以来初めてシャワーを浴びることができました! とてもさっぱりして本当に気持ちが良かったのですが、体を洗う際、傷口には十分気を付けたつもりが、病室に戻ると床にポタポタと血痕が!! 痛みがなかったのですぐにピンとは来なかったのですが、パジャマのお腹の部分を見ると血が滲んでいて看護師さんを呼ぶはめになってしまいました。診てもらうと「傷口が開いてる!」と先生を呼びにいってしまったので、これはもう今日は帰れないのかな(´_`。) と諦めかけていたら、

  

  ・38度以上の熱が続いたり、

  ・これ以上傷口がひらく

 

ようなら、病院にすぐ連絡すること!
という条件の元、退院できるようになりましたヽ('ヮ'*)ゝ

  

病院って退院が決まるともちろん無理をするほど急いで帰ってとは言われませんが、会計の方が用紙を持ってくるまでに片付けをしたり着替えたりと結構バタバタです。退院できるかわからなかったとはいえ、一応母親に来てもらっていたので用意を手伝ってもらい、看護師さんに傷口の保護の仕方を教えてもらったりしているうちに会計の用紙が届いて病院を出ることになりました。

ナースステーションで手首に巻いていた名前とバーコードが印刷されたテープを看護師さんに外してもらったら本当に病棟とはお別れです。

お世話になった看護師さんや居心地のよかった談話室ともお別れかと思うとちょっぴり寂くもありましたが、当たり前ですが家に帰れるのはやっぱり嬉しい!

できる限りのお礼を言って、病棟を後にしました。

  

ちなみに、着替えてほんの少しの荷物を持って歩くだけでどんどん消耗していくのが分かるくらい体力は落ちていました。70歳を過ぎた母に重い荷物を持ってもらうのは気が引けるのですが、重たいカバンなんて持てません。この後乗ったタクシーでも揺れたりブレーキを掛けるたびに体力は削られていき、家に着いたらもうヘトヘト…(ノ∀`)

そして家に帰って困ったのが、私、布団で寝ているのでベッド以上に寝起きが大変なこと! トイレが近くなっているような感覚があり、それが心配でこまめにトイレに行くようにしていたのもあって、そのたびに寝たり、起きたり…。とにかくしんどい! 本気で病院に戻りたいと思うほどでした(゚m゚*)

 

と…

こんな感じだった私の入院生活10日間。
たった10日の間に手術をして子宮と卵巣を取って、腰が痛いとウンウン唸り、点滴に苦しめられ、がん患者となって家に帰ってくるとは…、人生って何が起こるかわからないものだと本当に思います。

時間の無駄遣いばかりしている私の人生に多少なりとも、良い影響があれば良いのですが、喉元過ぎればなんとやらな性格まで治るかどうか…(ノ∀`)

退院する時にふと来年の桜はキレイに見えるだろうな、なんて考えたのですが、その頃には余程のことが無い限り通勤していると思うので、またキリキリと余裕のない生活を送り、え、もう咲いた? は?もう散ってる!? なんてことになってそうな気もします。

それでも日常に追われる毎日は幸せなのですよね(゚m゚*)