複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

寄り添うとは何か。 - ある友人に思いを寄せて -

先日、こんな記事を目にする機会があった。

 

satoru-blog.com

 

とりとめなく自分の思いを書いてみる。

重篤な症状である友人が、以前とは別人のような精神状態になってしまうこともあると思う。でもそれはその人が変わってしまったのではないし、ましてやそれが本性なんてことは絶対にない。病気がそうさせているのであるという理解と友人を信じる気持ち、それを受け止める強い心も必要だと思う。

 辛いのは病気である本人。
でも友人である自分も傷つく。それでも寄り添いたいという気持ち。

 

がんではないけれど、難病の友人に負担にならないといいなと思いながら私はある時期メールを送っていた。

それに対して色んな返事が来る。以前のように普通に楽しいこと、良かったと胸をなでおろすこともあれば、心配になること、こちらがズタズタに傷つく内容のこともあった。

一度「もう連絡はしないで欲しい」と返事が来たこともある。だけど私は付き合いをやめる気はなかった。彼女とは楽しい思い出がたくさんあったから。だから「お前なんか大嫌い、二度と連絡をしてくるな」と言われるまで続けるつもりだった。私なりに寄り添っていたいという気持ちがあったから。それから少しの間、また普通にメールのやり取りが続いたけれど、ある時を境に一切返事が来なくなり、私はここでどうしたらいいのか分からなくなった。

 

自分のことで手一杯の中、やりたいことは沢山あるだろうし、私なんかより大切な人も沢山いるだろう。
私が「大嫌い」と言われるまで寄り添いたいと思っても、果たして「大嫌い」と言わせていいのか。批判的な発言は言われた方も傷付くけれど、発言者自身も同じように傷つくのに。

 

耳を傾け、寄り添うことが答なのだと私もずっと思ってきた。
でも今は少し違う。「間違いではないが、答えはない」のだと思っている。

 

寄り添うとは何か。 - ある友人に思いを寄せて -

先日、こんな記事を目にする機会があった。

 

satoru-blog.com

 

 

とりとめなく自分の思いを書いてみる。

重篤な症状である友人が、以前とは別人のような精神状態になってしまうこともあると思う。でもそれはその人が変わってしまったのではないし、ましてやそれが本性なんてことは絶対にない。病気がそうさせているのであるという理解と友人を信じる気持ち、それを受け止める強い心も必要だと思う。

 

辛いのは病気である本人。
でも友人である自分も傷つく。それでも寄り添いたいという気持ち。

 

がんではないけれど、難病の友人に負担にならないといいなと思いながら私はある時期メールを送っていた。

それに対して色んな返事が来る。以前のように普通に楽しいこと、良かったと胸をなでおろすこともあれば、心配になること、こちらがズタズタに傷つく内容のこともあった。


一度「もう連絡はしないで欲しい」と返事が来たこともある。だけど私は付き合いをやめる気はなかった。彼女とは楽しい思い出がたくさんあったから。だから「お前なんか大嫌い、二度と連絡をしてくるな」と言われるまで続けるつもりだった。私なりに寄り添っていたいという気持ちがあったから。それから少しの間、また普通にメールのやり取りが続いたけれど、ある時を境に一切返事が来なくなり、私はここでどうしたらいいのか分からなくなった。

 

自分のことで手一杯の中、やりたいことは沢山あるだろうし、私なんかより大切な人も沢山いるだろう。
私が「大嫌い」と言われるまで寄り添いたいと思っても、果たして「大嫌い」と言わせていいのか。批判的な発言は言われた方も傷付くけれど、発言者自身も同じように傷つくのに。

 

耳を傾け、寄り添うことが答なのだと私もずっと思ってきた。
でも今は少し違う。「間違いではないが、答えはない」のだと思っている。

 

#38 子宮体がん 手術後の検診 8回目

1月に手術後8回目の検診を受け、2月に結果を聞いてきました。

 

- 2018年1月 - 

【採血の検査】

なんと今回は採血のみ、しかも一度で採血に成功ヽ('ヮ'*)ゝ
3,4回注射針を刺される、最悪の場合手の甲から取られることも覚悟はしているので、本当に嬉しかったですw

  

【結果】

今回も再発は見られず、安心することができました。
次回の検査は7月。採血とCTを撮るそうです。今日は寒く、小雨が降る中の通院でしたが、次回は真夏なんてなんか不思議。

 

- 雑感 -   

今年の5月で手術から丸3年になります。
ありがたいことに再発もせず、元気に過ごしています。自分の日記を読み返してみると、術後、がんになっていたことがわかった頃にはこうして元気に冬季オリンピックサッカーワールドカップが観られるだろうか、東京オリンピックの頃には私はどうなっているのかと考え、また考えることでいろんなことに謙虚な気持ちになっていたけれど…。今はまた小さなことにブゥブゥ文句を言い、「だるい、疲れた」とぼやきながら通勤をしています。去年の7月の検診からここまで、腎盂腎炎で19日間入院し、数カ月後にヘルペスになり、2週間ほど前にはB型インフルエンザに罹ったというのに、ダメ人間丸出しだ…。

こうやって書きだしてみたら本当に反省しなければならないと思いました。
日記を書いておいて良かった~(*ノノ)

 

急性腎盂腎炎 私の場合。 3回目(全3回)

【退院2回目から復職までの5日間】

まず辛かったことを箇条書きにすると

 ・想像以上に体力が落ちていた。
 ・とにかく体がだるい
 ・入院中の点滴や退院後も薬を飲んでいるせいか、味覚麻痺
 ・お醤油は口中が痛いだけで、苦みをやや感じるもとにかく口が痛くて味がしない
 ・塩味はややわかるが、美味しいわけではない
 ・舌先がやけどをしたように痛い
 ・お魚がやけに生臭く感じる

 

【その他の雑感】

上に書いたことと繰り返しになってしまいますが、とにかく体力が落ちていました。退院後三日目に半日人間ドックを受診するために通勤電車に乗り、色々と診察を受け、半日で帰宅したのですが、たったそれだけでこれまでに経験したことのない両足の膝が同時に痛くなりました。痛みは三週間を過ぎて和らぎましたが、階段が辛いのなんの…。

それから、味覚障害
これも退院してから2週間以上続きました。病院に電話をして抗生剤を飲むのを中止して少しずつ治ったのですが、口の中に膜が張ったような感じでまともに味を感じるのは甘いものだけでした。あとは塩味はぼんやりと。で、一番つらかったのがお醤油で辛いとかしょっぱいではなく、ただただ苦い&痛い。そして歯を磨いて何も食べていなくても口の中で変な味がする…。薬はとてもありがたいものですが、怖くもあると思える出来事でした。

…と何はともあれ、治って良かったですが、かなり体力を持っていかれます。もうかからないよう、今後は、あれ?なんかおかしい…と思ったらすぐに病院へ行こうと思います!!

 

【生命保険のこと】

今回の急性腎盂腎炎も生命保険の対象となり、全ての入院費用を賄えたわけではありませんが2/3ほどが補填されました。私の場合は子宮体がんの検診が半年に一度、貧血の通院が三カ月に一度、今も続いているのでただでさえお休みが多く、今年度は有休休暇が足りず、入院の途中からお休みは有休ではなく欠勤になりました。なのでボーナスから休んだ分だけ差し引かれることになります。そういったことを考えると生命保険には今回も助けられました。
 

【おまけ】
最後に、おまけをw
2年前の入院時に続いて、今回の入院でもやっぱり便利、素晴らしいと思ったのがこちら

f:id:Rukka:20171004193718j:plain

点滴棒です(*゚д゚*)
シャワーを浴びる時のみ点滴を外してもらっていて、着替えて看護婦さんが点滴を再開してくれる少しの間を利用してタオルを干したりしていましたw
お買い物時に鞄や袋を掛けることもできたし、高齢者になったら…、いえ今すぐにでも通勤用にこれを使いたいw まぁ、人さまの邪魔に…とも思うのですが、キャリーバックよりは幅も取らないと思うし!

 

急性腎盂腎炎 私の場合。 1回目(全3回) - 複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

急性腎盂腎炎 私の場合。 2回目(全3回) - 複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

 

急性腎盂腎炎 私の場合。 2回目(全3回)

【退院1回目】

退院した曜日は月曜日でした。どんな様子で退院したかというと、当たり前ですが本当に元気よく退院したのです。
退院しても抗生剤はしばらく続けなければならず、さすがに薬漬けで口の端は切れるし、舌はヒリヒリするしという状態でしたが、翌火曜日は会社をお休みし水曜日から復職しました。心配だったので午後はお休みして帰宅したのですが、その日の午後は微熱。私は元々熱が出やすい体質なので少し疲れただけと心配なんてまるでしていませんでした。が、翌日からは終日働こうと思っていたのですが、何となく嫌な予感がしてやはり午後お休みさせてもらったものの、帰宅するころにはすっかり様子がおかしくなり、また39度超えの熱。退院時に先生から「また熱が出るようだったら連絡して」と言われていたので電話をすると「すぐに診るからきて」と言われ、母も出かけていたので高熱でフラフラしながら、一応入院の準備をして病院に向かうことになったのでした…

 

【時間外救急 3回目】

病院へ着いたのは19時過ぎ。またまた採血、そして今度は100%余計な菌が入らない状態で採尿したいからと尿道に管を入れられて看護師さんに採尿してもらい、結果、ぶり返しで再入院となってしまいました。
ちなみに、麻酔なしの状態で尿道に管を入れられたのは初めてです。とても細いものではありますが、怖いし微妙に痛い。「怖い! 痛い!!」と言いながら、看護師さんに「もうちょっとです。がんばって!」と言われながら耐えました(*ノノ) たぶん普通の人は普通に我慢できるくらいの処置ですw

 

【入院2回目&退院2回目】

月曜に退院して、木曜の夜に病院に戻るとか…(;゚∇゚) 看護師さんたちに薄ら笑いで「戻りました~」とか言いながらここからまた点滴の日々。先生からは「癖になると怖い病気だから、今回も少し長くなるからね」とお話がありました。そして今回は前回ほど値が悪いわけではありませんでしたが、産婦人科病棟に入院しつつ泌尿器科も受診。退院2日前に泌尿器科の先生から「今回は徹底的に(菌を)叩いているので再発はしないと思う」と言われ、その日のうちに点滴から錠剤の抗生物質に切り替えて様子を見、9日間の入院となりました。

 

【2回目の入院雑感】

今回も2日ほど高熱が続きましたが、3日目くらいから熱は下がり始めました。
そういった意味では1回目の入院時より楽ではありましたが、2回目の入院前の時点ですでに2週間近く抗生剤を点滴と錠剤で取り続けた結果、口の端は切れるは、口の中が荒れるで食事がまともに取れなくなってしまいました。とにかく、何を食べても不思議なほどまずいのです。病院食至ってはにおいだけで気持ち悪くなってしまい、先生、栄養士の先生許可の下、病院食は中止。とりあえず今は食べれるものを食べて、ということになり、入院4日目くらいから私のご飯は三食自分でセブンイレブンで購入となりました。
わがままな話ではありますが、実際に戻しそうになるので仕方ない。ただ、先生から「今は食べられるものを食べなさい」なんて言われてしまうと、普段の不摂生が嘘のようにサラダを食べ、あとはおにぎりとヨーグルトみたいなヘルシーな方向へ向かってしまうのが自分たちょっとおかしかったですw

ちなみに、一回目、二回目の入院中唯一完食したのがこれ

f:id:Rukka:20171004193547j:plain

スパゲティーミートソースw
これはケチャップのおかげか味がわかりやすくて食べられたのです! ケチャップ万歳ヽ(´▽`)/

 

急性腎盂腎炎 私の場合。 3回目(全3回) - 複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

急性腎盂腎炎 私の場合。 1回目(全3回) - 複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。