複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#37 子宮体がん 手術後の検診 7回目

7月に手術後7回目の検診を受け、結果も聞いてきました。

 

- 2017年7月 - 

【採血の検査】

前回は1月だったので、検査を受けるのは半年ぶりでした。
7月上旬に採血(腫瘍マーカーのチェック)をして、中旬に結果を聞きに行ったのですが、このとき内診の検査もするんだろうなと思っていたら、なんと今回は本当に血液検査のみ! これまで何度も”病気を前に内診台は恥ずかしいとは言っていられない”とい書いてきましたし、今もその気持ちは変わりませんが、やはり嬉しかったですw

  

【結果】

今回も再発は見られず、良好でした(*゚ー゚)
次回の検査は来年の1月。採血とCTになるそうです。

 

- 雑感 -   

手術から2年と2ヵ月。
順調に回復していますが、今回は少しネガティブなお話。

検査の間隔が伸び、順調に回復していくことに喜びを感じる一方で、結果を聞くのが怖くなっています。理由は、手術をしてまだ日がたっていない頃ならば、がんを取ったばかりなのだから再発はまだしない。でも、時間が経ってそろそろがんが…という何の根拠もない不安です。なんというか、精神的自己免疫疾患とでもいいましょうか…(ノ∀`)

こうやって文字にしてみると自分でも笑ってしまうのですが、時々に本気で怖くなるのです。

 

そしてもう一つ、こちらの方が気がかりなこと。
私が怖いと思うのは自分自身のことである分、逃げようがなく、考えても仕方ないと思えるのですが今回の検査結果を聞く前の晩のこと…

私より先に休んでいた母の部屋から、唸り声が聞こえたので心配になって見に行ったら夢を見て寝言を言っていたんです。声を掛けたら、「あぁ、なんか夢を見てた~」等々、半分寝ぼけて返事をした後すぐにスヤスヤと寝ていましたが、やっぱり心配を掛けているのかなと思ったのです。というのも、もう30年以上前の話ですが、私が高校生の頃、膝が痛くて整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ「膝の上の骨(大腿骨?)に影があります」と言われたことがあるのです。紹介状を持たされ、すぐに大きな病院へ行きなさいと。

そして、学校を何度か休んで検査を受け、結果を聞きに行った日のこと。診察室で先生から「大丈夫、良性腫瘍でした。この大きさが悪性なら、余命数週間です…」といったお話があり、場所を説明するので私に診察台へ横になるようにと言ったのです。が、先生が母の方を見ているなと思ったら、恐らく心配が限界に達していた母が安心したのか貧血を起こし、「お母さんが横になった方がよさそうですね」と母が診察台に横になったことがあったのです。

これ、今ではうちの笑い話の一つになっているし、今現在のがんの話はオープンに明るく話をしていますが、母も私と同じように良好な結果を喜びつつ、手術から時間がたつにつれ再発のことを考えることがあるのではないかと…。

 

なんてことを考えると、やっぱり私自身が元気でやっていかないと…。
過剰に張り切って頑張るのではなく、自分らしくのんびりマイペースで元気に過ごしていこうと思いますヽ('ヮ'*)ゝ

 

【番外編】日常に振れたかったのかもしれない。病院のコーヒーショップ

先日、半年ぶりに検診で病院に行くと、ロビーの片隅にコーヒーショップが!

 

f:id:Rukka:20170709030430j:plain

入院中も退院後も病院にコーヒーショップがあればいいのにと思っていたので、それはそれは嬉しくて。受付より先にそちらに走ってしまいました(゚m゚*)(採血があったので飲みはしませんでしたが!)

お店の前には椅子とテーブルが10セットほど。入院患者さんの姿は見えませんでしたが、診察後と思われる方、お見舞い帰りと思われる方が談笑されていたり、一人静かに過ごされている方もいました。

 

病院…特に総合病院は特別な場所。皆どんな思いで席に座っていたのかもちろん私には分かりません。 

けれど、ただホッとしていたのだとしても、これから先のことを考えていたのだとしても、落ち着こうとされていたのではないかと想像します。

  

ちなみに私は手術後容体が安定し始めると、コーヒーショップのコーヒーが飲みたいと思うようになっていました。コーヒー自体は飲もうと思えば自動販売機があったので飲めたのですが、そうではなくあの紙やプラスチック製のカップでコーヒーが飲みたかった。

なぜかしら?

………

……

入院という非日常の中で、あのカップを手にすることで日常に振れたい、取り戻したいという思いがあったの…かな。

 

病気によっては、飲みたくても飲めない方がいるかもしれません。
そう考えると心が苦しくなりますが、たくさんの方が利用されるお店になったらいいなと思います。

 

#36 子宮体がん 手術から丸2年。

2015年5月13日は、子宮と卵巣の摘出手術を受けた日。
手術から丸2年が経ちました。

「怖い、怖い」と言いながら硬膜外麻酔(=半身麻酔)を受け、
  ※実際には最初の表面麻酔が普通の注射程度に痛いだけで、
   あとはほとんど痛みは感じませんでした。個人差はあるとは思います。

手術台に横になってアワアワしているうちに全身麻酔が始まり、
ちょっと目をつむってみようかなと意識的に目をつむった瞬間に記憶がなくなって、
ルッカさん、終わりましたよ~」という声で目が覚めたこと、

今でもよく覚えています。 

そして手術後一カ月で復職される方がいる中、私はさらに5カ月間休職。万全を期して社会復帰したつもりでしたが、体力が続かず思うように働けませんでした。
もう私は通勤なんて無理なのかもしれない、これからどうしよう…と悩みましたが、同僚の支えはとても大きく、辛い時期を乗り切ることができました。

 

rukka.hatenablog.com

 

そんなこんなで、今現在。
長時間ではありませんが、残業も続けてできるようになりましたし、気が付けば去年の秋くらいから、病気のことを忘れる、がんのことを考えない日が増えてきました。
もちろん検診の日まで忘れるなんてことはありませんし、逆に今は病気のことを忘れてはいけないと自分に言い聞かせてもいます。読んでくださった方の気持ちを重くするようなことは書きたくないのですが、そんな風に自分に言い聞かせるのは、万が一再発した時のショックを和らげるため。自分の心の保険です。

あ、「保険」という言葉を書いて思い出しましたが、保険は病気にならなければ確かに無駄なお金ではありますが、病気になった時には入っておいて良かったなと心底思いました。

さて、もう少し手術から2年経った自分のことを書きますと、今もがんとは別に貧血(鉄欠乏性貧血)の通院が続いています。ヘモグロビンの値はもう正常なのですが、先生曰く「ヘモグロビンの貯金がもっと欲しい」とのこと。正直、もう行くの止めちゃおうかな、なんて不届きなことも考えてしまうけれど、通院と言っても3カ月に一度のこと。何より貧血を診てくれているW先生が産婦人科に行きたがらない私に怒って「産婦人科に行かないなら、僕もこれ以上診ることはできない」と言ってくれなかったら…。私のがんはもっと進行した状態で見つかり、今この瞬間に日記なんて書いていられなかったかもしれない。そう考えると、W先生から「もう来なくていいよ」と言われるまで通院して治したいなと思うのです。
…なんて、何を当たり前のことをもっともらしく書いてるんだ!って感じですけれども(゚m゚*)

 

f:id:Rukka:20150707232811j:plain

入院中一番嬉しかった食事の写真があったのでアップ!w

 

それにしても貧血が良くなると、本当に体が楽になります。
先月、会社の写真部主催のオープンイベントに同僚と参加し、港の見える丘公園へ行ってきました。写真の撮り方を教えてもらいながらだったので、そもそもがゆっくり歩いたり、立ち止まったりののんびりペースではあったのですが、そうそう遅れることなく皆さんと同じ行動を取ることができました。これは、30mほど歩いては立ち止まり休憩していた2年前の私には考えられないこと!!

 

f:id:Rukka:20170513142134j:plain

ちゃっかり、自分で取った写真を掲載 ミラーレス一眼を買いましたw

 

手術をして子宮と卵巣を摘出したことで乾燥肌になってしまったり、また手術中に膀胱に傷が付いて以降、夜中に必ずトイレに目が覚めるようになり、正直、慣れたというよりもう諦めたという気持ちではありますが、今の現状を思えばどれも小さいこと!
あと3年、検診を必ず続けて楽しく生活したいと思います(*゚д゚*)

 

#35 子宮体がん 手術後の検診 6回目

1月に手術後6回目の検査を受け、2月に結果を聞いてきました。

 

- 2017年1月 - 

【CT&採血の検査】

検査の中では一番楽ちんなはずのCT検査。
残念ながら一昨年一年がかりで治った右の五十肩が、去年の暮れ頃から左に…。
なのでCTを撮っててくれる先生から「はーい、腕は万歳でおねがいしま~す」と軽く言われても…

  「痛いっ、痛っ」←実際に発した言葉

  (痛ってーな、おいヽ(`Д´)ノ)←心の中の言葉

と、こんな風にドーナツ型のCTの中をくぐり検査を受けてきました。
採血は今回は二度刺しも、痛みもなく無事に終了です。

  

【結果】

今回も何事もなく検査を終え、結果も良好でした(*゚ー゚)

 

- 雑感 -   

今年の5月で手術から丸2年。5月以降は術後検診3年目に入ります。
検査の回数はだんだん少なくなっていくと聞いていたし、1,2年目は四半期に一度のペースだったので、3年目は4ヵ月に一度、年3回かしら?と想像していたら、なんと次の検査は半年後! 3年目は半年に一度の検査で済みそうです。
まだ貧血の方でも通院が続いているものの、病院で有休がつぶれる日が減るのは本当に嬉しい(*゚▽゚)ノ

先生からは「一年に一度の検査ではまだ心配」とも言われているので、手放しで喜んではいけないのかもしれませんが、このまま行けたらいいなと思っています。

 

#34 2016年の最後の日記。

子宮体がんが発覚してから1年7ヵ月。
2度目の大晦日を迎えました。

まずは、去年の大晦日の日記を振り返ってみたいと思います。

rukka.hatenablog.com

あ、なんか私、去年の方がちゃんとしてる気がする…(゚m゚*)

なぜかしら?と考えて、いくつか理由を思いつきました。
以下、大好きな箇条書きでまとめてみますw

 ・2,3カ月ほど前から、毎日がんのことを考えなくなっている。
 ・これも2,3カ月ほど前からですが、手術前、後で完全に変わってしまった
  トイレ事情(具体的には小の方です。すみません、年末にこんな話)に、
  慣れてしまった。
 ・通院は続いているものの、貧血が治り体力が以前よりずっと戻った。
 ・4月から会社の所属部署の体制が変わったり、私からすると娘のような年齢
  の派遣社員さんと仕事をするようになった。そして数カ月で退職されたので、
   また別の派遣さんがやってきて対応が大変だった。
 ・刺し子の作品を定期的に出展することで、他に考えなければならないことが
  増えた。

こんな感じでしょうか。

がんのことを毎日考えなくなったのは、概ね良いことだと思っています。
ただ、100%良しとしないのは、当たり前の日常が当たり前ではないことを忘れてはいけないと私は思うからです。そして私自身がそう意識していた頃の方が、周囲の人々に対しても自分自身に対してもおおらかでいられた。
そして反対に今は、病気以前の精神状態に戻りつつあることで、会社にいても電車に乗っていても、後で考えたらほんの些細なことでイライラしていたりする。元々器の小さな私も、去年は周囲に感謝の気持ち頑張れていたと思います。腹を立てることもずっとずっと少なかったし…。

ともかく、日記を書いていて本当に良かった!
なんとか反省することはできました(*ノノ)

 

以上が反省も含めて良いことだったとすると、一つ、嫌なことも。
それは、再発の夢を時々見るようになったこと。

rukka.hatenablog.com

初めてこの夢を見て目が覚めたとき、リンクした過去の日記にも書きましたが、目覚めてこれほどまでに何が夢でどこからが現実なのかわからず混乱したことはありません。夢だとわかってホッとしてからも一週間近く、家族や会社の人、友人といつものように接するのは辛かったし、モヤモヤした気持ちは2カ月ほど続きました。

ただ、これ以降2,3度再発の夢を見たのですが、その夢にもある程度慣れ、平気ではありませんが深く落ち込むこともなくなりました。まぁ、なんというか慣れってホント怖いw

とはいえ、あまり見たくない夢ではありますが、見たときには自分への警鐘なのだと考えたいと思っています。

 

…と、ここまで書いて思ったのは、良いことも悪いことも含め、当たり前に感じていることは決して当たり前ではなく、日々…が難しくても”なるべく”感謝の気持ちを忘れず、おおらかでありたいとということ。
これを2017年の私のテーマにしたいと思います。

 

そして文末となってしまいましたが、

本年もご閲覧いただきありがとうございました。
来年も引き続き、自分の経験をつづっていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

今、病を抱えられている方々が完治、快方へ向かいますように(*゚ー゚)

 

                          2016.12.31 ルッカ