複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#17 子宮、卵巣摘出手術のための入院 七日目(手術から六日目)

*************************

 【この日の主な予定】皮下ドレイン(おなかの管)を抜く

*************************

   

この日の明け方、夢を見ました。
20代前半に振られてしまったけど、好きだった人が出てくる夢。楽しくもなく、つまらなくもなかったけど内容は覚えてない。そんな夢。彼以上に好きになる人と会うことはもう無いだろうと思うくらいだったけど、今はもう好きではないし、会いたいという気持ちも全くない。目が覚めた時「嫌だな、弱ってる時にこんな夢。」って思いました。

    

  

さて、そんな入院七日目。
朝の回診時、真っ先に「今日、お腹の管が抜けたらプリンを食べていいですか?」と先生に質問。「一個だけね!」と言われ喜んではいたのですが、この日は手術前からから先生や看護師さんに「お腹の管抜くの痛い? どのくらい痛い?」とぼやき続けてきた皮下ドレイン(お腹の管)を抜く予定があったのです…。回診後、さっそく処置室に呼ばれ診察台に横になりました。

 

先生から「(管を)止めている糸を着るので、ちょっとチクッとしますよ~」と言われ、「い、糸~!? 糸で止まってたの??」と私の恐怖心MAX!! するとちょこっと引っ張られる感じがあり、これから痛いのくるゾ~!! と踏ん張っていたら、もう終わってたっていう…。チクッっとした感じすらなく、「大丈夫だったでしょ?w」と先生からも看護師さんからも笑われてしまいました(*ノノ)

  

この日は他に予定はなく、またも看護師さんに髪の毛を洗ってもらいました。膀胱のバルーンが取れない限りシャワーを浴びられない私にとっては、本当にさっぱりと気持ちが良く、ただただ看護師さんに感謝です。

 

それから、日に日に元気になっていたのですが、ベッドから起き上がったり、横になったりするのはまだ大変で、この日はこんな…

   

  

f:id:Rukka:20150707002021p:plain

ナースコールボタンを床に落っことし、それを拾うためにベッドから起き上がろうとモゾモゾしていたら、上の絵のような状態に! 腹筋に力が入らないので、頭と足がそれぞれベッドの下に垂れ下った状態になるともうお手上げです。数分こんな状態のままどうにもならず、廊下に人の気配がしたら声を上げて看護師さんを呼んでもらうしかないなと諦めかけたら、ちょうど午後の検温で看護師さんが入ってきて救出してもらえましたw 絵心がないのでこれ以上掛けませんが、本当はもっとパンツ丸見え的なすごい格好で…┐(´-`)┌

 

そして、夜。
夕食と一緒に黄色い紙が配られ、何かと思ったら今後の献立表!! 朝と夜に関してはメニューが二種類あって、どちらか選択したのち所定の箱に出しておくよう書かれていました。

食べることには熱心なので、私は食後すぐに書きこみ、いそいそとベッドを抜け出して所定の箱を探したのですが、見つかりません! 通りかかった看護師さんに聞いたらまだ設置前だったらしく、どんな非常時でも食べることには迅速な自分に呆れたのでした…(゚m゚*)