複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#16 子宮、卵巣摘出手術のための入院 六日目(手術から五日目)

*************************

 【この日の主な予定】特になし!

*************************

   

この日もまた目が覚めた時に、昨日よりも体力が回復してる!という実感がありました。椅子にも長時間座っていられるように(1時間半くらい)なり、刺し子や3DSもできるように!

 

そしてこの日は特に予定はなく、闘病中の休日みたいな日。

ただ、看護師さんがお腹の傷を診てくれた時、お腹に刺さっている2本の管(皮下ドレイン)の内、1本が抜けていたことが発覚。そういえば、前日、床に落ちたものを拾おうとした時、お腹に痛みが走ったのですが、その時に抜けてしまったようです。管はテープで何か所も留めてあるので、床に落ちず気がつきませんでした。その後、先生が診てくれて、まさかもう一回刺すなんてことは…(;゚∇゚) とビクビクしましたが大丈夫でした。

    

それから夕方になって母がご近所の方から頂いたお見舞いのプリンやゼリー、チョコレート、クッキーをごっそり持ってきてくれました。ちょうどプリンが食べたかったので、なんてラッキー(*゚д゚*) と思ったのですが、看護師さんからお腹に管が刺してある時には病院食以外の物は控えるようにと言われてしまい、沢山のお菓子を目の前に全てお預け…。心の中は、

  

  お腹の管、どうせなら2本とも抜けてたら良かったのに!!

 

という不謹慎な気持ちでいっぱいでした…┐(´-`)┌

  

で、夜。やはり眠れず、談話室で椅子に座って音楽を聞きながらウトウト。ウトウトし始めた時に、今だ!って感じで病室のベッドに戻り眠ろうとしたのですが、深夜、病室を訪れた方がいまして…。

  

このことについては、書くか書かないか迷っていたのですが、次回、番外編として記録しておこうと思います(*゚ー゚)