複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

番外編

急性腎盂腎炎 私の場合。 3回目(全3回)

【退院2回目から復職までの5日間】 まず辛かったことを箇条書きにすると ・想像以上に体力が落ちていた。 ・とにかく体がだるい ・入院中の点滴や退院後も薬を飲んでいるせいか、味覚麻痺 ・お醤油は口中が痛いだけで、苦みをやや感じるもとにかく口が痛くて…

急性腎盂腎炎 私の場合。 2回目(全3回)

【退院1回目】 退院した曜日は月曜日でした。どんな様子で退院したかというと、当たり前ですが本当に元気よく退院したのです。退院しても抗生剤はしばらく続けなければならず、さすがに薬漬けで口の端は切れるし、舌はヒリヒリするしという状態でしたが、翌…

急性腎盂腎炎 私の場合。 1回目(全3回)

2017年9月早々から急性腎盂腎炎に掛かり、最初に10日間の入院。そして退院後3日でぶり返してしまい更に9日間の入院となってしまいました。そもそもの原因はおそらくではありますが、膀胱炎を市販の薬だけで治し、症状が収まったことで安心してしまったこと。…

【番外編】日常に振れたかったのかもしれない。病院のコーヒーショップ

先日、半年ぶりに検診で病院に行くと、ロビーの片隅にコーヒーショップが! 入院中も退院後も病院にコーヒーショップがあればいいのにと思っていたので、それはそれは嬉しくて。受付より先にそちらに走ってしまいました(゚m゚*)(採血があったので飲みはしま…

#34 2016年の最後の日記。

子宮体がんが発覚してから1年7ヵ月。2度目の大晦日を迎えました。 まずは、去年の大晦日の日記を振り返ってみたいと思います。 rukka.hatenablog.com あ、なんか私、去年の方がちゃんとしてる気がする…(゚m゚*) なぜかしら?と考えて、いくつか理由を思いつき…

【番外編】 夢

書くか、書かないか、迷いに迷って二か月近く。それでもこれもがん患者一面であり、カテゴリーを番外編ということにして書いてみることにしました。 二か月程前、こんな夢を見たんです。 家に帰ると父から「病院からすぐに来てほしいと電話があった」と言わ…

#28 2015年、最後の日記。思ったことを飾らずに(*ノノ)

今年、最後の日記をダラダラと書いてみます(*ノノ) 今年の5月に子宮と卵巣を摘出し、子宮体がんであることが分かってから、がんのことを考えなかった日は一日もありません。 とはいえ、宣告されてもそのまま病室にもどり、TVを見ながらお菓子を食べていた…

【番外編】 深夜の訪問者

これは闘病、治療とは関係のない出来事で、日記に書きとめることはしていませんでした。ただ、忘れることもできなくて【番外編】として書留めておこうと思います。 ************************** 子宮・卵巣摘出手術のために入院し…