複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ。私の場合。

入院、手術、術後の検査について書いてます(*゚ー゚)

#37 子宮体がん 手術後の検診 7回目

7月に手術後7回目の検診を受け、結果も聞いてきました。 - 2017年7月 - 【採血の検査】 前回は1月だったので、検査を受けるのは半年ぶりでした。7月上旬に採血(腫瘍マーカーのチェック)をして、中旬に結果を聞きに行ったのですが、このとき内診の検査…

【番外編】日常に振れたかったのかもしれない。病院のコーヒーショップ

先日、半年ぶりに検診で病院に行くと、ロビーの片隅にコーヒーショップが! 入院中も退院後も病院にコーヒーショップがあればいいのにと思っていたので、それはそれは嬉しくて。受付より先にそちらに走ってしまいました(゚m゚*)(採血があったので飲みはしま…

#36 子宮体がん 手術から丸2年。

2015年5月13日は、子宮と卵巣の摘出手術を受けた日。手術から丸2年が経ちました。 「怖い、怖い」と言いながら硬膜外麻酔(=半身麻酔)を受け、 ※実際には最初の表面麻酔が普通の注射程度に痛いだけで、 あとはほとんど痛みは感じませんでした。個人差はあ…

#35 子宮体がん 手術後の検診 6回目

1月に手術後6回目の検査を受け、2月に結果を聞いてきました。 - 2017年1月 - 【CT&採血の検査】 検査の中では一番楽ちんなはずのCT検査。残念ながら一昨年一年がかりで治った右の五十肩が、去年の暮れ頃から左に…。なのでCTを撮っててくれる先生から「は…

#34 2016年の最後の日記。

子宮体がんが発覚してから1年7ヵ月。2度目の大晦日を迎えました。 まずは、去年の大晦日の日記を振り返ってみたいと思います。 rukka.hatenablog.com あ、なんか私、去年の方がちゃんとしてる気がする…(゚m゚*) なぜかしら?と考えて、いくつか理由を思いつき…

#33 子宮体がん 手術後の検診 5回目

10月に5回目となる検査がありました。 - 2016年10月 - 【エコーと超音波の検査】 まずは先生から最近の様子を聞かれ「夜中にトイレに目が覚める回数が全体的に減ってきた」(手術中に膀胱に傷がついて以来、トイレの感覚がおかしいため)というお話をし、…

#32 会社に戻って1年。復職に必要だと思うこととは…?

食欲の秋大到来( ゚д゚) ルッカです。 今月は検診月なので、また検査等々について結果が出たあとに日記を更新しようと思っていたのですが、気が付いたら今月で復職してちょうど一年。そこで、仕事への復職について振りかえり、考えてみることにしました。 【最…

#31 子宮体がん 手術後の検診 4回目

6月に4回目となる検査がありました。 - 6月 - 【血液検査】 今回は腫瘍マーカーのチェック。なので検査自体は採血のみなのでとっても楽でしたが、 久々に腕に直径3cm程の青たんが(゚m゚*) いつものように簡単に刺せそうな血管が見つからず、今回は皮膚表面…

【番外編】 夢

書くか、書かないか、迷いに迷って二か月近く。それでもこれもがん患者一面であり、カテゴリーを番外編ということにして書いてみることにしました。 二か月程前、こんな夢を見たんです。 家に帰ると父から「病院からすぐに来てほしいと電話があった」と言わ…

#30 病気中の支え

昨日(2016年4月4日)のテレビ朝日の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」という番組で、お笑いコンビのはんにゃ/川島さんが腎臓がんを告白したそうです。 番組を見ていなかったので詳しい内容は分かりませんが、このお話に関するネット記事をいくつか読み…

#29 子宮体がん 手術後の検診 3回目

2月に細胞診とエコー、血液検査を受けてきました。通常一週間後には結果がでるのですが、病理検査が大変混んでいるということで、結果は3月の半ば過ぎに聞きにいってきました。 - 2月 - 【細胞診とエコー、血液検査】 細胞診とエコーといえば内診台。すぐ…

#28 2015年、最後の日記。思ったことを飾らずに(*ノノ)

今年、最後の日記をダラダラと書いてみます(*ノノ) 今年の5月に子宮と卵巣を摘出し、子宮体がんであることが分かってから、がんのことを考えなかった日は一日もありません。 とはいえ、宣告されてもそのまま病室にもどり、TVを見ながらお菓子を食べていた…

#27 手足の乾燥対策。私はこれにしてみました(*゚ー゚)

乾燥肌とは全く無縁だった私も、40歳を過ぎた頃から秋・冬はハンドクリームが手放せなくなりました。 そして、45歳を過ぎると、ハンドクリームは使い心地がサラッとしているとか、良い香りがすることよりも効き目で選ぶようにはなっていましたが… 5月に子宮…

#26 子宮体がん 手術後の検診 2回目

今年の7月と同様に、CTと血液検査を受けてきました。 - 11月 - 【CT撮影と血液検査】 この二つの検査は簡単に済むのが良いところ! 前回検査の日記にも書きましたが、CTは寝台に仰向けなり大きなドーナツ状の輪の中を行き来するだけ。着替え込みで10分もか…

#25 北斗昌さんの乳がん告知に思いを寄せて

明るく元気。時に厳しく、はっきりと物を言う。そして何より家族思いのお母さん。 というのが、私の北斗昌さんに対する印象です。 そんな北斗さんが乳がんを告白されました。 ameblo.jp 私自身、手術で取り除いたとはいえ、今後5年間、再発の有無を確認する…

#24 子宮体がん 手術後の検診 1回目

複雑型子宮内膜異形増殖症で、2015年5月中旬に子宮と卵巣摘出。その後の病理検査で子宮体がんだったことが分かった私。幸い初期で他に転移もなく、追加の抗がん剤治療の必要はありませんでした。ただ、 それでもガンはガン。 今後5年間の検診(再発していな…

#23 卵巣摘出 手術 怖い  というキーワード検索から思うこと

アクセス解析を見ていたら「卵巣摘出 手術 怖い」というキーワードがありました。自分も手術前は怖くて不安だったことを思うと、本当に切ない気持ちになります。そこで今日は、ビビリな自分がとうやって気持ちを落ち着かせたのか、改めて書いてみます。 私の…

#22 子宮・卵巣摘出手術の記録を書き終えて(複雑型子宮内膜異形増殖症から子宮体がんへ)

2015年7月末現在、子宮・卵巣摘出手術を終えて2か月半程が経過しました。 複雑型子宮内膜異形増殖症で入院したはずが、まさか自分が子宮体がんの患者として退院するとは思いもしませんでした。 そんな私の近況は、 *手術1か月後から乗り始めた自転車 小さな…

#21 子宮、卵巣摘出手術のための入院 十日目(手術から九日目) 退院

************************* 【この日の主な予定】退院 ************************* この日は退院予定日だったのですが、昨日から急におしっこの量が減ってしまったことで、退院できるかどうか先生の判断待…

#20 【ガン告知】子宮、卵巣摘出手術のための入院 九日目後半(手術から八日目)

************************* 入院九日目の日記は昨日も書きましたが、 今日は、退院診察時にあった【ガン告知】に スポットを当てて書いてます。 ************************* この日は回診後、残り半分の抜…

#19 子宮、卵巣摘出手術のための入院 九日目前半(手術から八日目)/クララの気持ち

************************* 【この日の主な予定】残り半分の抜鈎(ばっこう) 膀胱に入っているバルーンを抜く 退院診察/病理検査の結果報告 ************************* 深夜3時過ぎに寝たのに、目が覚…

#18 子宮、卵巣摘出手術のための入院 八日目(手術から七日目)

************************* 【この日の主な予定】半分だけ抜鈎(ばっこう) ************************* この日の明け方もまた以前に好きだった人の夢。昨日の夢と同じ人。さすがに二日連続とか、自分で自…

#17 子宮、卵巣摘出手術のための入院 七日目(手術から六日目)

************************* 【この日の主な予定】皮下ドレイン(おなかの管)を抜く ************************* この日の明け方、夢を見ました。20代前半に振られてしまったけど、好きだった人が出てくる…

【番外編】 深夜の訪問者

これは闘病、治療とは関係のない出来事で、日記に書きとめることはしていませんでした。ただ、忘れることもできなくて【番外編】として書留めておこうと思います。 ************************** 子宮・卵巣摘出手術のために入院し…

#16 子宮、卵巣摘出手術のための入院 六日目(手術から五日目)

************************* 【この日の主な予定】特になし! ************************* この日もまた目が覚めた時に、昨日よりも体力が回復してる!という実感がありました。椅子にも長時間座っていられ…

#15 子宮、卵巣摘出手術のための入院 五日目(手術から四日目/この日も点滴との戦い)

************************* 【この日の主な予定】点滴、硬膜外麻酔の管を抜く ************************* この日は、朝目が覚めた時に「昨日より体力が回復してる!」という実感がありました。 ご飯も重…

#14 子宮、卵巣摘出手術のための入院 四日目(手術から三日目/点滴との戦い)

************************* 【この日の主な予定】点滴 ************************* この日もベッドから起き上がる、歩く、はまだまだ大変。それでも傷の治りが悪くなっては困るので、看護師さんに言われ通…

#13 子宮、卵巣摘出手術のための入院 三日目(手術の翌日)

************************* 【この日の主な予定】手術後の歩行、点滴 ************************* 手術後、腰痛に苦しめられ、とにかくベッドに横になった状態から解放されたいと願い続けて迎えた朝。 9時…

#12 子宮、卵巣摘出手術のための入院 二日目(手術当日 後半(手術開始前から翌朝まで))

手術室に入ると、先生、看護師さん含め8名くらいのスタッフがいて、4月の軽い手術とは違うんだと思い知りました。 とはいえ、硬膜外麻酔は4月子宮内膜掻把術の時と同じ。手術台に腰掛けクッションを抱え込むようにして背を丸め、看護師さんが私の肩を抑えま…

#11 子宮、卵巣摘出手術のための入院 二日目(手術当日 前半)

************************* 【この日の主な予定】手術 ************************* いよいよ手術の日。 前夜、眠れないだろうと思っていましたが、二度、目が覚めたものの思いのほかぐっすり眠ることがで…

#10 子宮、卵巣摘出手術のための入院 一日目後半(入院中、唯一考えてしまったこと)

お昼を食べ終わってから術着の試着があって、その後、病院内の売店へT字帯と弾性包帯を買いにいきました。弾性包帯というのは… 普通の包帯と比べるとゴワゴワと固く、厚め。私が子宮内膜掻把術の際に履かされたキツキツのソックスが辛いので何とかして欲しい…

#09 子宮、卵巣摘出手術のための入院 一日目前半(お昼まで) 麻酔科S先生とのやりとり再び。

************************* 【この日の主な予定】麻酔科の受診 ************************* いよいよ子宮、卵巣摘出手術のために入院…の前に、前夜のことから。 実は入院するまで全身麻酔科になるか部分麻…

#08 子宮内膜掻把術後、子宮と卵巣摘出を決めるまで

子宮内膜掻把術を受け、退院してからちょうど一週間後に外来でK先生のお話(結果)を聞きにいきました。 そして言われたのが、子宮内膜増殖症の中では良くないとされる複雑型で(細胞に?)異形あり、病名もただの「子宮内膜増殖症」から「複雑型子宮内膜異…

#07 子宮内膜掻把術のための入院 二日目の午後(手術後)~三日目の退院まで

子宮内膜掻把術が終わると、いつの間にか病室のベッドが手術台に横付けされていて、看護師さんに移動させてもらい元いた病室へ寝たまま戻りました。 まだまだ麻酔が聞いているので痛みもなく少しうとうとしていましたが、膀胱にバルーン(尿道カテーテル?)…

#06 子宮内膜掻把術のための入院 二日目の午前中(手術当日)

いよいよ子宮内膜掻把術当日。 この日はまず午前中にずっと怯えていた硬膜外麻酔をし、麻酔がかかった状態で子宮口を広げる処置をして、掻把術は夕方に行うことになっていました。 というわけで朝からそわそわしていたのですが、最初の試練は麻酔ではなく、…

#05 子宮内膜掻把術のための入院 一日目

いよいよ入院の日。 当日シャワーを浴びてきてくださいと言われていたので、スッキリサッパリしてから病院へ向かいました。入院時間は14時です。 受付を済ませ病棟へ向かうとまずは体重と体温、血圧を計り、事務の方に病棟内の施設を案内して頂きました。実…

#04 子宮内膜掻把術前の準備 麻酔科S先生との出会い

外来で子宮内膜掻把術を受けると決めてから約2週間の時間がありました。 まずはいつも診て頂いているK先生(小さな恋の物語の主人公チッチのような小柄でかわいらしい先生!)から改めて子宮内膜掻把術の説明。 手術のうちに入るとはいえお腹を切るのではな…

#03 子宮内膜掻把術に踏み切るまで。

子宮内膜増殖症“疑い”ということで2014年7月頃から総合病院の産婦人科へ通院し、約8か月間、出血を抑える薬を服用し様子を見ることになりました。 最初の2か月は調子が良くホッとしていましたが、その後また生理が来たり来なかったり、2か月近く続いてや…

#02 どこまでものんきで大ざっぱな私の病歴。

【20代前半】 若く健康でしたが、生理不順。生理なんて数年無くても気にしない。むしろ楽!くらいに思っていました。 ただ、母が心配するので渋々某大学病院へ。するといきなり内診台に乗せられ、視界を遮るカーテンが引かれる前から未来のお医者様(=学生…

#01 闘病日記を書く理由。

産婦人科クリニックで初めて『子宮内膜増殖症』という病気を知った時も、 総合病院で子宮内膜掻把術を受けることになった時も、 さらに子宮、卵巣摘出手術を受けることになった時も、 病気や手術の知識を何一つ持たず、注射一本でビクビクと怯える私に心の落…